Abema-DL.jseをより使いやすく改造してみた備忘録

ソフトウェア

ファイルパスの大半と.mp4自動的に入力させ、画質をbest固定にします。
tsukumijima.net様が紹介するAbemaTVのダウンロードスクリプトを、手入力すべき内容を減らすために、jseファイルを数行だけ書き換えたので、方法と記述した箇所の意味を備忘録として残しておきます。

PowerShellを用いたAbema-DL.jseを、より簡便に用いるための改変を紹介します。

Abema-DL.jse」はtsukumijima.netで紹介されており、大変便利かつ有用な素晴らしいものです。おかげさまで今までに数十作以上の無料アニメをローカル保存できました。

ここに御礼申し上げます。ありがとうございます!

AbemaTV を Streamlink で直接録画・ダウンロードする
毎回忘れてしまうので備忘録がてらメモ。Streamlink 側のアップデートなどの変化により、執筆当初の2019年1月とは状況がかなり異なってきています。このため、2021年11月に記事の内容を大幅にリニューアルしました。導入手順も以前より

1,画質選択時に自動で最高画質「best」を指定させる

デフォルト動作

デフォルト動作では、このように画質を選択できます。

これはデフォルトのままの場合(引用元:https://blog.tsukumijima.net/article/streamlink-abematv/#toc7)

best・1080p・720p・480p・360p・240p・180p から選んで手入力する必要があるため、ダース単位でダウンロードするときには少々面倒です。

最も、これはストレージ具合に合った画質を選べるようにとの配慮から来るもので、邪魔などと感じては罰当たりかもですが。

改変する記述&その場合の動作~常にbestを選択させる~

Abema-DL.jseをメモ帳などで開き、編集します。

約44行目あたりの1行を以下のように書き換えます。

    # 動画・生放送の画質
 
    #改変前の記述
    #$quality =Read-Input '    動画・生放送の画質'

    #改変後 常時bestにする
    $quality =  'best'

勿論、「best・1080p・720p・480p・360p・240p・180p 」のいずれかを入力すれば、常時360pや常時180pも実現可能です。

この場合、問答無用でbestが選択されるので、画質入力が不要になりました。

改変後

こっち↓は改変前

これはデフォルトのままの場合(引用元:https://blog.tsukumijima.net/article/streamlink-abematv/#toc7)

メッセージなどは手を加えていませんが、こちらも弄ろうと思えば改変できますね。

    # 動画・生放送の画質
 
    #改変前の記述
    #$quality =Read-Input '    動画・生放送の画質'

    #改変後 常時bestにする
    $quality =  'best'

2,「ファイル絶対パス」と「.mp4」を自動的に入力させる

デフォルト動作

デフォルトでは「C:\Users\abema\Test.mp4」のように、絶対パスをフルで書く必要があります。

デフォルト動作 引用元:https://blog.tsukumijima.net/article/streamlink-abematv/#toc7

しかし、ダウンロードした動画を保存する場所は大体変更しないので、改変して、予め設定したフォルダを自動的に指定します。

さらに、「.mp4」も毎回書くのは面倒なため、自動的に記述させます

こうすることで、保存したい動画のファイル名を入力するだけで、保存場所にダウンロードができるようになります。

改変する記述&その場合の動作~保存場所のパス&.mp4を自動入力~

約60行目以降の数行を書き換えます。

     Write-Host '       フォルダの指定を省略したときは、C:\Users\(ユーザー名)\Downloads に保存します。'
    Write-Host ''
   #Write-Host '    例: C:\Users\Test\Documents\Test.mp4'
    Write-Host '    保存先 G:\TSfiles\encoded\「入力されたタイトル」.mp4'
    Write-Host ''

    # 保存先のファイルパス
    #改変前こちら
    #$output_file = Read-Host '    ダウンロードした動画の保存先'

    # 改変後 自動的に入力させる
    Write-Host '    G:\TSfiles\encoded\に保存します'
    $title = Read-Host "    動画のタイトルを入力してください"
    $pass_and_title = 'G:\TSfiles\encoded\' + $title
    $output_file = $pass_and_title + '.mp4'

コメントアウトと、環境に応じて書き換えるべき場所を赤の太文字で書きました。

追記部分を赤マーカー、元の記述を青マーカーで示しました。

この場合の動作がこちらです。

改変後

この改変により、今までならG:\TSfiles\encoded\ごちうさ1話.mp4と入力していたところ、
これからは「ごちうさ1話」とだけ書けば良いようになりました。

つまり改変が成功していれば、「ごちうさ1話」と書くだけでG:\TSfiles\encoded\に「ごちうさ1話.mp4」が保存されます

五等分で実践。

まとめ Abema-DL.jseの必要入力量を減らす方法

以下のような改変を施しました。

  • 画質選択→best固定
  • ファイルパス→スクリプトを書き換え事前指定
  • .mp4→自動で付け加える

こうすることで、URLと動画ファイル名のみを入力するだけでAbema動画のダウンロードが行えます。

    # 動画・生放送の画質
 
    #改変前の記述
    #$quality =Read-Input '    動画・生放送の画質'

    #改変後 常時bestにする
    $quality =  'best'
     Write-Host '       フォルダの指定を省略したときは、C:\Users\(ユーザー名)\Downloads に保存します。'
    Write-Host ''
   #Write-Host '    例: C:\Users\Test\Documents\Test.mp4'
    Write-Host '    保存先 G:\TSfiles\encoded\「入力されたタイトル」.mp4'
    Write-Host ''

    # 保存先のファイルパス
    #改変前こちら
    #$output_file = Read-Host '    ダウンロードした動画の保存先'

    # 改変後 自動的に入力させる
    Write-Host '    G:\TSfiles\encoded\に保存します'
    $title = Read-Host "    動画のタイトルを入力してください"
    $pass_and_title = 'G:\TSfiles\encoded\' + $title
    $output_file = $pass_and_title + '.mp4'

改変するのはこれだけ。
これでダウンロードがより簡単にできるようになりました!

この辺も併せてごらん下さい

タイトルとURLをコピーしました