AdSenseを遅延読み込み化させたらCLS値で警告されモバイルからの収益が大幅に低下してので元に戻した

CLSがヤバいブログ

AdSenseを遅延読み込みするようにして2ヶ月百害あって一利くらいしか無かったので元通りにする方法と、アドセンス遅延読み込み化の収益・サイト評価への悪影響をまとめておきました。

全て私のサイトの実際のデータです。

先人の犠牲を糧としてください。。。

ちなみにこのAdSense遅延読み込み化させる記事顛末を書いたのが今ご覧のページです。

CLS警告を食らった

ご覧の通りモバイルフレンドリーなサイトではないと評価されるようなってしまいした。

遅延設定にしてから2、3週間くらいで要改善の警告が表示され、無視していたら収益が悪化始めました。

一応警告であって不良・エラーではないようですが、後述するようにAdSenseのモバイルからの収益がガッツリ低下していることから、存分に悪影響があるようですね(血涙)

(警告でKONOZAMAなので不良判定食らった時はどうなっちまうんでしょうね?!末恐ろしい)

低下したモバイル収益

モバイル由来の収益の割合が極端に低くなりこんな歪な円グラフになっちまいました。

一般的に、モバイルつまりスマホからの収益が50%かそれ以上なのが主流のようですのでこれは明らかにおかしい。

「デスクトップからだけやけにこのブログが人気」と考えるよりかは、前述の警告が原因となってスマホからの検索における順位が低下してるのが原因と捉えた方が妥当でしょうねぇ。

遅延やめてもあまりInsightスコアは落ちない

なんやかんや殆どスコアが変わっていないという驚きの事実。

スコア4くらいならまあ誤差ですわ(適当)

ページの読み込みは、AdSense遅延読み込み化を止めることで多少遅くなりますが、「警告」を解消した方がよいと考えます。

なんせこの程度のページの読み込み速度悪化に対しては警告ありませんし。

ちなみにデスクトップ版では、遅延やめても1点もスコアは変動しませんでした。

まあそもそもデスクトップに関しては何ら改善もエラーも出てないんで変えなくてもどっちでも良かったんですけどね。

遅延読み込みを止めるー戻し方ー

ここの記事の手順をそっくりそのまま逆に行えばそれで終わりです。

javascriptを遅延読み込みするプラグイン入れた方はAdSense関連の.jsの除外も必要です。

まとめ AdSenseはそのまま使おうね!!(教訓)

延読み込み化させていいのはオフスクリーン画像Font Awesomeだけってことですな。。。

この2つは何ら悪影響ないはずですので、安心して遅延読み込みさせましょう。

Font Awesomeは超大量につかっていてはAdSense同様ページ読み込み時ガタガタサイトがズレるとして警告くるかもしれませんが、常識的使用なら問題はないはずです。

タイトルとURLをコピーしました