win PCでTS抜き録画をして1年経ったので、録画件数やストレージ消費具合や後悔などを記す | 経済的生活日誌

win PCでTS抜き録画をして1年経ったので、録画件数やストレージ消費具合や後悔などを記す

ソフトウェア

win11でTS抜きを初めて1年(正確には13.5ヶ月くらい)経ったので、ここらで一度何話くらい録画してどんくらいのストレージ消費か、チューナー選択の後悔などを記しておきます。

EDCBで録画した数を知る方法や、Amatsukazeでエンコード件数の調べ方も合わせて紹介します。

環境など

現状、以下のような環境でTS抜き録画しています。

要するに↓の記事どおりです。

環境構築は↑の記事や、これらを参考にして下さい。

ではお待ちかね(?)の録画数です。

録画話数とストレージ消費

予約したものの予期せぬ災害や事件などで番組が飛ぶこともしばしばです。

そのため、「録画予約の件数」 > 「実際に録画した数」となります。

さらに言えば、大雨など電波状況が悪い場合は録画データを正常にエンコードできないので、
「実際に録画した数」 > 「エンコード成功数」となります。

つまり、こういう↓ことに。

「録画予約の件数」 > 「実際に録画した数」 > 「エンコード成功数」

とりあえず自身の備忘録も兼ねているので、全部の結果を書いておきます。

予約した番組の数

予約数はEDCBの録画IDを見れば分かります。

録画開始時刻でわずかに前後することがありますが、連番なので簡単です。

約1年で2514番組を録画予約したようです。

ちなみに最初の録画は転スラだったようですね。

このIDは録画失敗したものも数え上げます。

アンテナケーブルが抜けてそれに3日間気づかなかったという大チョンボしたときのリザルトがこちら。
録画の成否に関わらずID振られることがわかりますね。

実際に録画した数

私は主にAmatsukazeを使ってエンコードしているので、そのログCSVファイルとして出力し、何番目まであるかを見れば、実際に録画した件数を把握できます。

偶にA’s Video Converterも使いますが、まあ誤差の範囲内ってことで……

Amatsukazeの累積エンコード数を調べる方法

Amatsukazeのログ画面で右クリックして、「CSV出力」を選択します。

適当な名前で保存して、開きます。

1行目には表の項目が書いてあるので、最終行の番号から1引くとエンコード件数になります。

つまり、約1年で約2318件をエンコードしたことになります。

A’s Video Converterの分が含まれていませんが、せいぜい50件くらいでしょうから、それを考慮しても大分録画失敗してますね。

録画予約数は2514件だからA’s Video Converter分を考慮してなお150件程度録画予約失敗しています。

そのうちエンコードに成功した話数

エンコード済みフォルダを見ることで、そこにあるファイル数=エンコード済み話数です。

現在は1台目の6TBのHDDが一杯になったため、2台目に保存していますので、合算します。
(それぞれのHDDを定期的にまるごと別HDDにコピーして冷暗所に保存しているので落雷等あっても安全)

というわけで約1年でエンコード成功した件数は、2170件!!

録画予約数:2514件 > エンコード件数:2318件 > エンコード成功件数:2170件

それぞれのプロセスで10%程度が失われている……

ちなみに私はつまらないアニメでも一度エンコード成功したのを消さないので、件数の差はそのまま失敗した数です。
(なお、よほどつまらないもの以外は、エンコード成功後も元のファイルを残しています。すると1年でこういう消費になります。。。)

後悔など

まれに衛星放送の3番組を録画したくなってしまうので、素直に最大スペックのPX-MLT8PEを買えばよかったと思いました。

買う前の想定の倍は録画したくなってしまいます。。。

ちなみに、私はその日に見たアニメの話数と感想を日記につけており、それによると月100~200話程度見ているので、意外と録るだけで見てないってことにはなっていないようです。安堵。

その他役立ちそうな情報

TS抜きをゼロから始める方向け。
予算5万円とありますが、チューナーを除けば、実際には4万円未満で組めました。

TS抜きをセットアップする一連の手順まとめ記事
このブログ一番の力作かもしれません。

あとは、高画質でアニメを見る方法をまとめたこちらなど。

それでは良いTS抜きライフを!!

タイトルとURLをコピーしました